伊丹空港のダイニングフロア


太陽の塔のすぐそばに「ららぽーと」があるので、久しぶりにちょっと寄ってみました。お店は変わったりしているのかな?
相変わらず「Eggs'n Things」は行列が出来ていました。
「マンゴーツリー」は前からありましたっけ?1度テイクアウトしたことあるけど、それっきり。ちゃんと食べたいと思いつつ、行ってなかった・・・。
カルビー+前を通ったので、ついつい衝動買い。

c0025937_22082434.jpg
紅はるか蜂蜜バター味とかっぱえびせんのざらめを買いました。かっぱえびせんの方はカルビー+限定品。もうちょっと甘みが欲しかったけどね。

伊丹空港がただいま大改装中なんだけど、ダイニングフロアが4月に先行オープンしたので、こちらも太陽の塔から近いので、ちょっと行ってみました。
出張なんてない仕事だし、旅行行く際も関空が殆どなので、伊丹空港に行くことは滅多にないですからね。
「ウルフギャングパック」のピザ店があったり、「ディーン&デルーカ」のカフェがあったり。
私が入ったのは神戸にあるベーカリー「ル・パン」。

c0025937_22104880.jpg
流行りのかなり厚めの玉子サンドが食べたかったんだけど、なんと1時ですでに売り切れ(写真はHPから)。っで仕方ないのでクロワッサンにスモークサーモンをサンドした物を頂きました。

c0025937_21593325.jpg
ベーカリーだけあってクロワッサンの表面はサクサク、中はしっとりでとてもおいしかったです。

c0025937_22012673.jpg
夫はロースカツサンド。一切れ食べたんだけど、冷たいんです。ってことはここで作ってないってことですよね。玉子サンドが売り切れっていわれたとき、玉子がなくなるわけもなしどうして?って思ったけど、そういうことですね。
アフタヌーンティーもあって、食べてる方がいらっしゃったんだけど、ちょっと小ぶりだったかな。
ケーキもいろいろあって、伊丹空港限定の物があるので買ってみました。

c0025937_22052053.jpg
「灘五郷」銘酒の酒粕を使用したベイクドチーズケーキ。升に入っていて、ちょっとおしゃれ。でもお酒の味がかなり勝っていて、チーズケーキ感が感じられなくて、せっかく入ったのに全てが不完全燃焼でした(カットした物を写真に撮ったんだけど、ボケボケでとてもupできませんでした・・・)。
隣の「さち福やCafe」は定食屋さんなんだけど、こっちはかなりの行列が出来ていて、甘味もあってとってもおいしそうでした。

c0025937_22031491.jpg
あと「ノースショア」があるんですよ。ちょっと覗いてみたら、ガラガラ!あり得ないでしょ。場所が場所だけに、わざわざ食事するために行くのはってかんじ?それに1つ上の階にあるので、知らないとここまで上がってこないのかな?でもこの店のウリのテラス席が展望デッキにあるので、川ではなく飛行機を見ながら食べられるんですよ。でもこの季節はちょっと暑くてどうなんでしょうね~。


[PR]
# by heathy0404 | 2018-08-02 22:14 | グルメ・スイーツ | Comments(0)

太陽の塔

1970年に開催された大阪万博。

c0025937_11283124.jpg
そのときのシンボルとなったのが、岡本太郎作の「太陽の塔」。

c0025937_11293914.jpg
この内部が48年ぶりに3月から再公開されることになり、申し込んで行ってきました(完全予約制なんです)。まだ始まったばかりだったので、2ヶ月待ってようやくです。
万博跡地は公園になっていて、以前はエキスポランドという遊園地もあったんだけど、2009年に閉園しちゃいました。今は「民族学博物館」や「日本庭園」とかなり地味な公園になっています。
30分おきの予約になっていて、多分定員は30名だと思います。
まず当時地下に展示してあったという復元された仮面を見たり、太陽の塔のコンセプトが決まるまでの自筆のデッサンがあったり。
その後、「生命の樹」を見学。原生類時代→魚類時代→三葉虫時代→両生類時代→爬虫類時代→ほ乳類時代と生物の進化が樹に張り付いています。当時の物もあったり、作り替えた物もあるそう。ゴリラなんて顔が劣化して落ちちゃったそうで、作り替えずにそのままになっていました。
生命の樹の高さは41mで、階段を上がって近くで見ることが出来ます。
写真は撮らせてもらえないのが残念・・・。
再生にあたって寄付を募っていて、1年ちょっとで1億円に達したそう。受付横に寄付をされた方の名前が書かれてあって、金額によると思うんだけど、プレートの大きさが違うんですよ。有名人どころではドリカム、辛坊治郎さんが堂々と書かれてありました。ドリカムは記念イベントでコンサートしましたもんね。中村さんが当時寝屋川に住んでいて、実際に万博に行っていたというのはちょっとビックリだけど。
出口に小さいながらショップがあって、タオル、フィギュア、クリアファイルなどいろいろ売られていました。私はキーホルダーを購入しました。
大阪人の私としては見ることが出来る日が来るなんて感無量です。高度成長期の大阪のシンボルですから、これからも大事にしていきたいですね。

[PR]
# by heathy0404 | 2018-07-10 21:43 | Comments(0)

ユアンソープ

台湾発のブランド「YUAN」。ここ数年、何度か使っています。
2月に台湾に行った際も石鹸を中心に大量買いしてきました。

c0025937_22181405.jpg
いつもはハトムギの石鹸をつかっているんだけど、今回は「紫草洛神」を買ってみました。日本で買えば100g 1404円。
古い角質をケアしてくれるんですって。最近すごく角質が気になっているんですよね。
ハイビスカスとビターオレンジの香りとあるけど、う~ん、いい香りとは言えないけどな・・・。天然成分なので、色や香りが時期によって変わるらしいので、そのせい?
成分はオリーブ果実油、ムラサキ根エキス、ハイビスカス花エキス、クマツヅラエキス、ビターオレンジ葉/枝油、パチョリ油、ユーカリ葉油。
泡立てて肌に乗せると、ハトムギよりもきめが細かいし、柔らかいし、すごくしっとりします。
固形石鹸ってちゃんと水切りしないと溶けちゃったりするし、チューブタイプに比べて面倒だけど、ここのは使い続けたいと思ってます。

c0025937_14110493.jpg
写真はこの時全てオマケでもらったもの。2万円近く買ったからね。左端のシャンプー以外、全部現品サイズ。日本だとここまであり得ないよね。


[PR]
# by heathy0404 | 2018-07-01 20:55 | Comments(0)

くそオヤジ最後のひとふり

同僚に私好みのおいしいラーメン店があるので、是非行ってみてと言われました。
十三(「じゅうそう」と読みます)にある「くそオヤジ最後のひとふり」という変わった屋号。頑固親父がやっているのかと思いきや、若いお兄さんばかり。
結構並ぶと聞いていたので、オープン時間直後くらいに行ってみました。ラッキーにもまだ満席にはなっておらず、座ることが出来ました。
ラーメンのメニューは、あさり、しじみ、はまぐりという貝出汁専門 醤油らーめんのちょっと珍しいものなんです。っで私ははまぐりラーメンを。貝めし、貝餃子もサイドメニューであります。
ラーメンが運ばれてくると、「紙エプロン使われますか?髪留め、ゴム使われますか?」と聞かれました。女子扱いされてちょっとおばさんは嬉しかったりして・・・。

c0025937_19082982.jpg
味の方はスープが相当濃いです。醤油がちょっと濃すぎ~。はまぐりはちょっと小ぶりかな。
チャーシューはハムみたいに薄めでかなりレア。麺はツルッとモチッとして食べやすかったです。

c0025937_19082256.jpg
夫はあさりの方を。ちょっと食べたけど、スープはこっちの方があっさりしておいしかったです。

c0025937_19081525.jpg
貝めしをサイドで注文したんだけど、おばさんにはご飯が少し固めかな。あともう少し、出汁を利かせて欲しかったな。
「最後のひとふり」ってくらいなので、湯切りがすごいのかと思ったら、ものすごく軽く振る程度だったけど。
お店を出る頃には相当並んでいました。

十三にはみたらし団子で有名なお店「喜八洲総本舗」があります。
支店も結構あるんだけど、かなり久しぶりかも。
注文を受けてから焼いてくれるんだけど、待った感は全くなし。

c0025937_19151275.jpg
ここのみたらしは長方形で甘みがかなり抑えてあるんですよね。その方がタレが絡みやすいんですって。
やっぱりおいしいね~。ここのを食べると、他のお店のは食べられませんね。

c0025937_19145980.jpg
手塚治虫さんは宝塚に住んでいたので、十三駅構内にありました。

[PR]
# by heathy0404 | 2018-06-17 19:21 | グルメ・スイーツ | Comments(0)

カバーマークのフローレスフィット

ずっと使いたいと思っていたカバーマークのファンデーション。
この1年くらいファンデーション ジプシーをしていて、先日カバーマーク下地を使ってみて気に入ったので、ファンデーションも使ってみようかと。カネボウにも使ってみたいと思うファンデがあったんだけど、私の色は売り切れだったので、カバーマークにしました。
私はパウダーが苦手で、ずっとリキッド派。
買った「フローレスフィット」は、クリームファンデだけど、肌に触れると液状化するという、ちょっと変わった物です。

c0025937_11334700.jpg
色はFN30です。20かな~って思っていたら、なぜか20の方が濃いという店員さんの勧めもあって30にしました。ファンデーションの場合、主観より客観的に見てもらった方がいいですからね。
以前一度だけクリームファンデを使ったことがあるんだけど、厚塗りしたような重い感じがして、2、3度使っただけでやめてしまったことがあります。それもあって今回もどうかな~ってちょっと半信半疑でした。
でもこれはクリームファンデ カテゴリーとしてはとても軽いし、伸びもいいし、艶感がいいんですよ。片側だけ鼻横の毛穴がカバーできなかったんだけど、これだとカバーできたんですよね。でもリキッドに比べると、やっぱり厚塗り感は否めないかな?なので私は伸びがいいのもあって、かなり量を抑えて塗っています。でもこれからどんどん暑くなる時期はどうかな~?崩れやすそうな気がします。以前にも書いたけど、ここの下地プラス他社のファンデで、長時間化粧直しをしなくても崩れがかなり抑えられていたので、ここの下地を使えば同じように防げるといいけど。



[PR]
# by heathy0404 | 2018-06-10 10:45 | メイクアップ | Comments(0)

NORTHSHORE

北浜食べ歩きの続きです。
こちらも行列店「NORTHSHORE」。
私が行ったときもかなりの行列が出来ていました。ここは川に面したテラス席があるので、春はとっても気持ちいいんですよね。
この界隈をウロウロしたので、お店の前を何度も通ったんだけど、いつ見ても行列が。相当待ちそうだったので、あきらめてテイクアウトにしました。
新鮮な生の野菜や果物を使ったメニューが中心です。

c0025937_17070838.jpg
野菜てんこ盛りのプレートがあったり。

c0025937_16582974.jpg
私は「スプラウト ベジタブル サンドイッチ」を。

c0025937_16582366.jpg
サラダとスープが付きました。
ものすごく野菜が盛りだくさん。こんなに野菜が入っているサンドイッチはちょっとないですよね。具が多すぎてちょっと食べにくいけど。

[PR]
# by heathy0404 | 2018-06-05 20:18 | グルメ・スイーツ | Comments(0)

菊寿堂

北浜食べ歩きの続きです。

「菊寿堂」というこちらも創業190年という和菓子のお店があります。

c0025937_09493499.jpg
看板がないので、気にしていなければ、ここが和菓子店なんて気づかないかも。

c0025937_09494272.jpg
お店に入ると、小さめのガラスケースにお皿が3つあって、それぞれに1つずつ上生菓子がのっているという老舗ならではの見本のみ。予約が殆どなんでしょうね、商品名も書いていないので、初めてフラッと立ち寄るお店ではないかも。

c0025937_09495273.jpg
ここは「高麗餅」というのが一番のウリかと。白あん、こしあん、粒あん、抹茶、胡麻の5種類があって、色も鮮やか。中に求肥が控えめに入っています。甘さも控えめで、とても軟らかく優しい味です。

c0025937_09494786.jpg
こちらは大福。求肥がすごく薄くて、粒あんがぎっしり。でも甘さは控えめ。
あともう1つ。「梅干し」。白餡を求肥で薄く包み、その上を赤い羊羹で覆い、仕上げにシソをのせています。白餡は希少な備中白小豆を使用しているそう。私は持ち帰りにしたんだけど、お店で頂くことも可能です。
この日は食べまくりだったので、少し日持ちする梅干しは食べずに置いていたんですよ。なのに!私の分まで夫が食べてしまったんです!どれも人気商品なんだけど、これが一番人気があるらしく、午後には売り切れもあると聞いていたので、予約までして手に入れたのに!頭にきている私に追い打ちをかけた一言が「普通やで」。
またいつか買いに行きますか。でもお父さんはかなりのご高齢のよう。ご家族の方が一緒に作っているようには見えなかったので、跡継ぎはいらっしゃるんでしょうか?急がねばいけないかも・・・。

[PR]
# by heathy0404 | 2018-05-27 09:53 | グルメ・スイーツ | Comments(0)

至福のひとときスキンケアライフです(散財日記かな?)


by heathy
プロフィールを見る
画像一覧