タグ:香港旅行'07 ( 8 ) タグの人気記事

香港旅行 その八

今回買ったコスメはこれだけ(もしかして充分?)。バリ島でも質素だったし。ショップチャンネルで買いまくっているせいか、あまり購買意欲が・・・。キールは香港で。それ以外は関空の免税です。
c0025937_17451820.jpg
美白化粧水、何か使いたいな~って思って、迷うこともなく速効で決めちゃいました。雪肌精エッセンスローション。雪肌精、初めて買いました。5種類の和漢植物エキス配合と言われると、漢方物に弱いですから。関空で30%offでした。消費税なしですからね。その上5%OFFクーポンを持ってたので、かなり安く買えたし。しかし1本買うつもりが、お店の人に安く買えるチャンスに是非もう1本いかがですか?っと勧められるまま2本買っちゃいましたが。
あとはいつものソニアのラトゥーエクラシュブリムと同じくソニアのクリームジェルアイライナー(手前の黒くてわかりにくいのです)。最近目元系はクリームにはまっています。
キールもいつものミルククレンジングとブルーハーバルスポット。ブルーハーバルはでき始めのニキビにとっても効果があったので、リピートです。
キールが香港空港の免税にあったんですよ。去年は確かなかったのに。ホワイトニングものを買おうかしばらく迷っていましたが、おしゃべりに夢中なため珍しく店員が寄ってこないので、今回は買いませんでした。そして値段だけメモって。帰ってびっくり。街のお店と免税店全く同じ値段なんです。香港って商品に全く税金かかってなかったっけ?空港の免税品は安いと思いこんでいたんですが、ちょっとリサーチの余地ありですね。
ちなみにエスティの「パワーパッチ」はSASAでHK$719。空港の免税はHK$870。恐るべしSASA。
香港って本当にいろんなブランドがありますよね。日本にはないブランドが山ほど。私はレーンクロフォードへ毎回探索に行きますが、今回ちょっと見たいブランドがあって、JYOCE Beautyへ(ハーバーシティの)行ってみました。そのブランドは残念ながら撤退していましたが。帰ってから去年のガイドマップと見比べると店舗数が半分近くに激減してました。有名どころではNARSやPatykaなどなどが。浮き沈みが激しいんでしょうね。ここへ来ると「こんなブランドがあるんだ~」ってとても勉強になります。今回は(も?)時間がなくて、殆ど見られなかったけど。やっぱり香港といえども最低5日間くらいは必要ですね・・・。

今回液体等が機内に持ち込めなくなって初めての海外旅行でした。しっかり規則に習ってジップロックにいくつか化粧品等を入れて、セキュリティに臨んだ私。
行きはガラガラだったので、他の方の様子がわかりませんでしたが、帰りの香港空港ではもういい加減さにびっくりですよ。私の前にいた中国人はスーパーでもらうような袋に液体類を何本も入れていて、それも100mlを超えた物もいくつか。係員は一応気付いて、カバンから出させるものの、ちらっと見て終わり。後ろにいた日本人はペットボトルをカバンに入れていて、出さされはしたものの、取り上げられることもなく・・・。去年、ダラスで徹底したセキュリティに泣かされたので、こんないい加減なセキュリティを見ると頭に来ます。もっと徹底しないと意味がないと思うけど。

バリ島のようにのんびりできるところもいいけれど、香港みたいにゴチャゴチャした街ではエネルギーをもらえるような気がします。何より食事はおいしいし、マンゴーデザートもあるし。今回マンゴーはしばらくいいですっていうくらい食べ尽くしましたからね。また来年もチャンスがありますように~。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-26 18:51 | 旅行 | Comments(0)

香港旅行'07 その七

せっかく2日目にマッサージしたのに、マカオで4時間も座りっぱなしでスロットをしたり、冷房が寒かったり、荷物が重かったりで、肩も腰もダルダル。
教訓 マッサージは帰る前日もしくは当日に行きましょう。ってことで、またマッサージに行こうかと思いたち、ホテル近くに目をつけていたマッサージ店へ。しかしつぶれていました・・・。セントラルはオフィス街なので、そういうお店はどうも少なそうなので、行き当たりばったりで何とかなるかと尖沙咀まで1人で夜8時頃マッサージ探し。すぐに「大班美容水療足浴中心」という怪しげなオリエンタル調のお店を発見。日本語で看板も書いてあるし、入り口のおばさんが持っていたメニューも日本語。日本人が多そうだしと勇気を出して入ってみました。
私が選んだコースは全身マッサージと頭or手のマッサージ。でも頭にするか手にするか聞かれませんでした。
入り口で荷物を預けてしまったので、残念ながら写真はありませんが。
まずフットジェットバスしながら、マッサージチェアに座らせてくれます。これはサービスみたいですが、これだけでもかなり価値あるかも。隣で白人もマッサージチェアに座ってましたが、気持ちいいんでしょうかね?その白人女性、太ってはいないんですが、ちょっとお腹がポッコリ。お店の人に「妊娠しているの?」っと確認されていたので、隣で笑いを必死でこらえてました(あんまり私も笑えないけどね)。それから本番。一応着替えるようですけど、上はキャミソールを着ていたので、着替えなくてもいいとのこと。下だけ着替えました。
施術の方は手のひらを使って背中を押さえるのがメインで、肩や首は日本式に揉んでくれます。頭or手なのに、両方しっかりしてくれたし。
もう「そこ!そこ!」ってかんじで、最高に気持ちよかったです。夫にいつもお願いして、文句言われながらちょこっと揉んでもらうのとはエライ違いですから。
最後の頭が始まったら、もう完全熟睡したらしく、全く記憶なし。終わったと起こされて、もうろうとしながら着替えたもんだから、脱いだ服をどうしたのか?きっと床に脱ぎ捨てて来たはず(ごめんなさい)。
マッサージ師の当たりはずれって結構あると思うけど、このおばさまは大当たりで、今度行くときには指名したいくらい。また必ず行こっと。

最終日は午後2:55発の飛行機。最終日っていつも使い道に困ります。みなさんはこの中途半端な時間をどうやって過ごしているんでしょうかね?この日は日曜日ってこともあって、11時開店が多いし、行きたい甜品のお店はどこも12時からなので、結局ifcモールへ。日曜のお昼だというのにガラガラ。去年もこんなかんじだったし、このモール大丈夫なんでしょうか?私が思うに平均収入に比べて、高価なお店が多すぎるのでは・・・。
先にインタウンチェックインで荷物を預けてしまったのが失敗でした。もう化粧品類が買えない・・・。買えないのなら見ない方がとレーンクロフォードなど立ち寄らず。それがアダになってバッグ買っちまったよ・・・。後で夫にまたしつこくネチネチ言われて、もう疲れ果てました。誰か最終日の上手な使い方教えてください~!
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-23 19:03 | 旅行 | Comments(0)

香港旅行'07 その六

ハイアットホテルの元総料理長の周さんがされているプライベートキッチンがありまして、テレビの香港特集なんかで時々拝見してました。
今回ちょっと行ってみようと、事前に6時で予約をしていました。
しかし前回書いたように、このチャンスを逃してはと2時間食べっぱなし。お腹一杯で、全く余裕なんてあるわけもなく。周さんの予約時間を遅らせてもらえないかと電話して聞いてみるも、一杯なので無理とのこと。諦めて6時に到着。本当普通のアパートで、通り過ぎちゃったくらいです。
もうなるようになれってかんじですよ。でも吐いたらどうしよう・・・。自業自得なおバカです。
最初に正直にお昼が遅かったので、量を少な目にしてもらえると有り難いとお願いしてみました(なんて失礼な奴)。ここはコース料理のみなんです。なので、写真より本来はもう少し量が多いかも・・・。
手書きのメニューを頂き、数えたところデザート入れて8品!夫と「どうするよ!?」とアイコンタクト。
しかし実際出てくると、味はとっても淡白。周さんいわく「自分のジャンルは香港料理で、素材の味を生かしている」そうです。化学調味料に慣れっこになっている私には少々物足りない気もするけど、今回はこの薄味に助けられました。
もうとにかく味わう余裕もなく、次々出てくるコース料理を残さず食べるのに必死ですから。プライベートキッチンって、マンツーマンってかんじで、残したりできる雰囲気じゃないのよね・・・。最後のご飯はメチャメチャつらくて、食べるのにかなり時間をかけましたが、なんとか完食。こんな拷問にHK$1600も出して、本当バチあたりな奴で反省しております。
メニューは
c0025937_1748221.jpg
萬壽菓燉魚翅(くりぬいたパパイヤにフカヒレやキヌガサ茸のスープ)
鶏蓉醸香梨(梨をくりぬいて、鶏のミンチなどが入っていました)
蒸醸獅子魚(ライオンフィッシュの蒸し物。写真撮り忘れて、ちょっと崩した後が)
c0025937_17483769.jpg
番茄鮮鮑魚(トマトをくりぬいた中にアワビが入ったトマトソース風味)
香椿炒蚌肉(イカ、絹さや、パプリカなどの炒め物)
秘制節瓜筒(瓜をくりぬいた中になんでしょう?忘れました・・・。申し訳ない)
鮮蝦荷葉飯(ハスの葉に包んだ蝦などが入ったご飯)
c0025937_17485185.jpg
燕窩香忙摩士(ツバメの巣入り、マンゴーのムース)
以上8点でした。
本当に周さんごめんなさい。次回行く機会があれば、堪能させて頂きます。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-20 10:59 | 旅行 | Comments(0)

香港旅行'07 その五

前回のエステの後、夫と別行動のうちにと、フラフラ買い物をしたせいで、お昼を食べ終えたのが2時半。その後夫がPCものを見たいというので、灣仔へ。
ここには鶏蛋仔で有名な「北角鶏蛋仔」があるので、駅に着いて早速お店へ。
鶏蛋仔とは卵、砂糖、小麦粉が主な材料の駄菓子で、たこ焼き器のような鉄板に生地を流し入れて焼いた物です。見た目も味もベビーカステラがつながったような感じに近いかも。焦っていた私、店名も確認せず、「並んでないよ、ラッキー!」っと思いながら早速購入。なんか普通。たいしたことないね・・・っと。c0025937_17525846.jpg
そして夫がPCをチェックしている間、私1人ブラブラ探索へ。っで、愕然と致しました。さっきの店、違うじゃん!こっちだ!っとおいしいと評判の「北角鶏蛋仔」を発見。そして迷わず列に並んじゃいましたよ。これ以外にもメニューはあるのに、みんな鶏蛋仔を買うので、誰1人声も出さず、黙々とやり取りがされていて、なんかちょっと不気味かも。人気があるだけあって、さっきのお店より外はカリッと中はホワホワで甘みもちょうどいいかんじ。全然違います。しかしとても全部は食べきれない。結構な量あります。
c0025937_1752418.jpg
左は最初のお店。右が北角鶏蛋仔
そしてまたフラフラ歩いていくと、おいしそうな甜品のお店を発見。
写真入りメニューの一番上にあった香芒糯米?(字が出ません)がとってもおいしそうだったんですよ。マンゴー入りのお餅ってかんじかな?1皿4個入りのようだったので、1人だから2個じゃダメ?っと交渉してみましたがダメとのこと。仕方なくそれと西瓜ジュースを注文。少しすると店員さんが「香芒糯米?1コと鶏の手羽先とジュースがセットになったものなら出来る」と言いに来てくれました。手羽先?きついよな~っと思いながらもせっかく言いに来てくれたしと、それを注文。香芒糯米?は上にココナッツがのっていて、モチモチしてかなりいけます。1コじゃ物足りない・・・。
c0025937_17533797.jpg
お店を出てPC店へ戻る途中「許留山」を発見。やっと出会えたよ。去年も入らなかったし、このチャンスは逃さない方がいいかも・・・っと夫と合流してマンゴージュースならっと店内へ。しかし写真入りメニューを見ると俄然心が揺らぎ、前にも食べたマンゴープリンにフレッシュマンゴー、マンゴーアイスまでのっている物を注文。しっかり頂きました。
c0025937_17523339.jpg

現在時刻午後4時。2時半から食べ続けております。
しかし私は最悪なことをしでかしておりました。つづく・・・。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-16 20:00 | 旅行 | Comments(0)

香港旅行'07 その四

今回、またエステにも行ってみました。定期的にエステに行くようになったので、わざわざ行く必要もないといえばないんですけど、旅行先ならではの豪華な気分に浸れるような、ペニンシュラとかインターコンチで受けようかと。でもなんか面倒くさくなっちゃって・・・。
っで、以前から1度試してみたかった台湾名物?顔の産毛抜き。衛生面に不安があったけど、香港でしているエステサロンを見つけたので、ここでフェイシャルも一緒にしようかと。
でも通っているエステ先でたまたま話したところ「絶対ダメ!」っと反対されました。「そんなことしなきゃいけないくらい産毛ははえていないし、肌を傷めるだけ」と。そっか~、肌を傷めるのね・・・。教えに従ってこれはパス。でももう予約してしまったので、そこでフェイシャルのみ受けました。
行ったお店は「ASOスパ」。ASO=阿蘇です。なぜに香港で?よくわかりませんが。
ホットストーンでのトリートメントや砂風呂などが特徴のようです。
まだ最近出来たばかりみたいで、内装は新しくて清潔なかんじです。c0025937_17552667.jpg
まずカウンセリング。阿蘇っていうくらいなんだから、日本語の出来るスタッフがいてもいいように思うけど、残念ながらいないようです。
事前にコースを予約しているんですが、カウンセリングの時にいろいろアドバイスをしてくれます。でも予定通りのコースでホワイトニングトリートメントとバイオアイトリートメントを受けました。
以前書いたように、目のたるみを何とかしたくてね。バイオアイトリートメントは「Bio微電流療法」という最新技術で、肌に電極を当てることによって、コラーゲンの生成を促し、目のシワとクマを取り、肌の弾力を回復させるというもの。
早速着替えて施術。カウンセリングをしてくれた人の英語は聞き取りやすかったんだけど、エステティシャンの方の英語は非常に聞きづらくて、全然会話が成り立たず、されるがまま状態になってしまいました。
まずクレンジング。かなり大ざっぱです。口紅やアイメイクのポイントメークもかなり雑。その後のスクラブマッサージも同じく大ざっぱ。
次に香港名物毛穴の汚れ取りです。スチームで毛穴を開かせながら、毛穴のつまりを専用の針やピンセットで取り出してくれます。目をコットンで覆っているので、はっきりはわからないけど、歯医者並のスポットライトをつけてかなり時間をかけて除去してくれます。
その後眉毛まで整えてくれました。
次にクリームを使ってマッサージ。そして電極を当ててのトリートメント。ここら辺から殆ど意識無し。最後に美白マスクをして仕上げのローション類で終わり。

わざわざ香港で受けるような物ではないかと・・・。今、通っているエステの方がずっといいかもね。
施術が終わってから、カウンセリングをしてくれた女性にかなり執拗に美容液を勧められたんですよ。それもミキモトの物で「エッセンスカプセルLCM」。c0025937_17554476.jpg肌の乾燥が気になるときに、肌をいたわりながらつややかな肌に整えるコクのある美容液ですって。いつもはHK$1680だけど、今だけHK$900(約14000円)。来月にはHK$960とのこと。HPで調べたら日本では18,349円で売っていました。一見さん相手に、それも日本人に日本製を売りつけるなんて、なんかとってもイヤ~な気分にさせられました。
肝心の効果ですが、その日はとくに感じられなかったんですけど、次の日鏡を見たら全体的にハリがでているんですよ!目の辺りなんて特に(決してムクんでいるわけではありません(笑))。っといってもほんの数日の話なので、やっぱり持続しないと意味がないですね・・・。
地道に頑張りますわ。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-13 18:32 | 旅行 | Comments(1)

香港旅行'07 その参

せっかく行く限りは、その国特有のエステを受けようと思うんですが、香港だと足ツボマッサージとかマッサージ系ですよね。マッサージは足ツボよりも、全身マッサージをしたかったんですよね。
っで、2日目は私がいつもお世話になっている「香港ナビ」のサイトで見つけた、低周波治療と中国式マッサージの二つを合体させたマッサージ店「美盈世界」。日本語は一切ダメでした。
個室になっていなくて、カーテンで仕切られただけ。かなり狭くるしいです。更衣室もなく、ベッドの脇で着替えるし、カゴ等もなかったので、荷物や洋服は壁のフックに私は引っかけました。
c0025937_17573878.jpg
施術の方は、右の足首にだけ電極をまくんですよ。そこだけ?ってかなり不安だったんですけど、もう1こは施術者の足につけてるようです。施術者の指先を使って、体の奥のツボをグググッと押すことにより、筋肉とその内側にまで微電流が届き、体の表面だけではなく奥にまで入りこむんですって。実際、指先を通して電流が流れるのがすごい感じられるんですよ。
マッサージもとても気持ちよくて、身体もすっきりってかんじです。でもオイルをたっぷり塗られてマッサージを受けるので、終わった後にシャワーを浴びさせてくれます。
ちゃんとしたロッカーがあれば言うことないんですけど、施術の面ではとても気に入ったので、次回も是非お願いしようかと思ってます。

マッサージが終わった後、今回はマカオにも行ってみました。船でちょうど1時間。24時間運行していて、昼間は15分おきに出航しているというのに、ほぼ満席。噂通り、本土から来た中国人が多いような。着いたら早速、カジノへ。ラスベガスのストリップ通りを目指しているらしく、どんどんカジノ付きのホテルが建設中です。Wynnも出来たしね。私が行ったのは、まだ建設中だけどカジノのみオープンしているグランドリスボア。カードゲームには何重にも人だかりが出来ているほどの盛況ぶりでした。中国人ってそんなにギャンブル好きだったの?ってビックリですけど。
私達がしたのはお手軽なスロット。ここはラスベガスに比べてあんまり台数がないですね。他のホテルはいっぱいあるのかもしれないけど。とりあえずHK$100で夫が始めて途中いくらか分けてもらったところ、あれよあれよと言う間に4時間遊ばせてもらい、現金化したところHK$740に。1500円の投資で健全な遊びをさせて頂きました。
この日は午前中マッサージに行ったので、マカオに着いたのが4時頃。カジノに4時間もいたので、観光は全く出来ずで、セナド広場をちょこっと散歩したり、
c0025937_17575978.jpg
牛乳プリンで有名な義順に行ってみたり。ここでは、生姜入りの暖かいプリンを注文。
c0025937_17581255.jpg
う~ん、ビミョウ。生姜の風味もビミョウだし。これは失敗かも・・・。
エッグタルト発祥の地「瑪嘉烈蛋撻店」へも行ってみました。すごく小さなお店で、焼き上がっていないらしく待っている人が何人もいたので、義順へも行きたかったこともあって、今回はパスしました。熱々を食べてみたかったけどね・・・。
地下鉄の終電がよく分からなかったので(バスがあるけどね)、慌てて夕食も食べずにマカオを去り、この日の夕食はマック。昨日とエライ違いです・・・。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-13 00:23 | 旅行 | Comments(2)

香港旅行'07 その弐

初日の夕食に行ったのは、ガイドブックによく載っている竹園海鮮飯店。ではなくて店の名前が全く同じで、出しているメイン料理も同じという偽物店があるらしいんですよ。場所はちょっと辺鄙だけど、値段はだいぶ安いというので、興味本位で行ってみました。わざわざ・・・。
ガイドブックにバスは旅行者には乗りこなしにくいってよく書いてあるじゃないですか。こういうこと書かれると俄然張り切る私。バスで行って来ましたよ。タクシーでも安いらしいんですけど、バスなら片道70円ですから。でも尖沙咀から40分くらいかかったけどね。
お店の前には生け簀があって、外に連れ出され、魚を選ぶように指示されますが、事前にメモっていた物をいくつか注文しました。でないと破産しそうで。
席に戻ってから2種類の飲み物を運んできてくれました。1つはペットボトルごとのオレンジュース。そして麦茶が入っていそうな1Lくらいのガラスの容器に茶色っぽい液体。なんなのか聞いてもよくわからず。恐る恐る飲んでみると、冷やし飴(関西の飲み物です。知らない方は一度大阪に来られたら飲んで頂きたい)をちょっと薄くして生姜が全くないかんじ(なんとも微妙な表現)。不味くもおいしくもない・・・。なんなんでしょうね、これは?
c0025937_17583771.jpg

私達が頼んだのは、
竹園名物のロブスターのチーズ&バター仕立て(写真はかなり食べかけ)
蒸し蛤のニンニクソース
塩ゆでエビ 
メインはその3点で、あとは青菜の炒めた物など。最後にデザートも出てきました。
ロブスターのチーズがけはこれでもかって言うくらいチーズやバターがのっかっているけど、それほど濃厚じゃないんですよ。ぶつ切りの伊勢エビはプリプリ。変わっているのが、平べったいタマゴ麺が下にひいてあって、これだけでお腹一杯になりそうでした。
ホンモノの竹園海鮮飯店で食べたら、ロブスターのチーズだけでHK$400はしたはず。でもこのお店では全部でHK$330。味はどうなんだろう?だいぶ違うのかな~?でもこの店も結構いけたので、片道40分かけて行っただけのことはあったと思いたい・・・。
c0025937_180537.jpg
お店を出た後、少しブラブラ歩いて甜品の店があったので入ってみました。
マンゴー好きの私が注文したのはマンゴー豆腐花。豆腐花、実は初めてです。コンデンスミルクみたいなものをかけてもらって、蜜をかけるように勧められたので、かけてはみたものの、豆腐が多すぎて飽きちゃいました。私にはもう少し量が少なくていいかも・・・。
尖沙咀に戻ってから、豆腐花ではどうも満足できずに、「満記甜品」へも行ってみました。名前をメモるのを忘れてしまいました・・・。タピオカと隠れて見えませんが、申し訳程度にマンゴーが入っています。でも味の方はマンゴー100%で新鮮です。日本で買うマンゴーデザートはせいぜい70%ってかんじだもんね。
明日の甜品にも期待します。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-09 20:27 | 旅行 | Comments(2)

香港旅行'07

GW後半は香港に行って来ました。
我が職場は日、祝日のみ休日。土曜もしっかり出勤なので3連休なんてありえないんですが、今年のゴールデンウィークはなんと4連休!こんな暦は滅多に回ってこないんだから、旅行に行くしかないでしょ?ってことで、お正月に行くはずだった香港に決定。前回の教訓があるので、発売前から動き出したにもかかわらず、人気がある地域なので、第一希望のツアーはキャンセル待ち。私の泊まりたいホテルは、ツアーの方が断然安いんですよ。でも運良く順番が回ってきて、行けることとなりました。
今回は仕事を休まずに行けるので、だ~れにも言わずにこっそり行って来ました。正直お土産買うのが面倒っていうか、何を買って良いのか毎回ものすご~く悩まされるので、そういう苦労をなくしたくてね・・・。その分、誰にも話を聞いてもらえないのがツライけど。

今回泊まったのはランドマークマンダリンホテル。
c0025937_1812521.jpg
まだオープンしてそんなに経っていないですよね?部屋数も少ないので、かなりアットホームな感じがしました。レストランでのバイキングの朝食も激コミかと思いきや、3日間とも3組くらいで、信じられないくらいゆったりしてました。部屋はもちろん一番小さい部屋でしたが、私達には充分かと。
c0025937_1813956.jpg
バスルームは洗面台が二つ。トイレには扉があるし、シャワールームもあるしで、とっても使い勝手がよかったです。場所もセントラルのランドマークなので、買い物にも便利だし、次回もここに泊まりたいくらいです。

またしつこく旅行ネタを引っ張ると思いますが、飽きずにお付き合い下さいね。
[PR]
by heathy0404 | 2007-05-08 00:52 | 旅行 | Comments(2)

至福のひとときスキンケアライフです(散財日記かな?)


by heathy
プロフィールを見る
画像一覧