<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シルク成分の化粧品

絹工房の富岡シルククリームです。

c0025937_18052357.jpg
1g×30包入りという個包装。3,890 円
シルクは保湿性、通気性、抗菌性、バリア機能に優れていると言われているので、ちょっと使ってみたくなって検索した結果、ここに行き当たりました。
シルクの原料である蚕(カイコ)の繭糸は繊維状の「フィブロイン」と、そのフィブロインの周りを取り囲む糊のような成分「セリシン」の2種類のタンパク質から構成されているんだけど、シルク配合と称される化粧品のほとんどはセリシンだけど、この会社では「フィブロイン」を配合しているそうです。
そして「フィブロイン」は18種類のアミノ酸から構成されたタンパク質で、人の体を構成するアミノ酸と共通しているそう。
アミノ酸は肌の細胞を作る原料ですからね。

個別包装(フレッシュパック)にすることで、肌の大敵となる防腐剤を極力抑えるためのようだけど、やっぱり自分の適量っていうのがあるじゃないですか?首まで使っても私には多いので、すごくコスパが悪い。

c0025937_16015501.jpg
水の次にホホバ種子油と成分表示がなっていて、少し油分も多め。量は多いし、油分も多いしで、しっかり吹き出物まで出来ちゃいました。

c0025937_18042083.jpg
富岡シルク美容液は20mlの2本入りで6480円。
洗顔後、化粧水の前につけることを推奨していて、化粧水をつける前に顔になじませることにより、化粧水の浸透を良くするのが狙いのよう。
成分はスクワラン、シルク、ヒアルロン酸。
シルクのチカラでお肌のダメージを補修し、傷んだ肌に働きかけてみずみずしくハリのあるお肌へ導いてくれるそう。
わりとさっぱりしていて、香りも殆どありません。確かに先に使うことで、ローションの吸収がいいように思いますね。
20ml入りと小ぶりだし、クリームは個包装なので、旅行に持って行くには丁度いいかも。
成分は申し分ないし、美白機能もあるし、使い続けたいところなんだけど、使っていて楽しくないんですよね(笑)。なんでだろう?容器?私って結構パケ買いしちゃうところあるし。やっぱり個包装?コスパ悪いし、いちいちパウチから出すのも面倒くさいしね。こんな理由で、リピしないっていう自分もどうかと思うし、ちょっと次回は保留ってことで・・・。

[PR]
by heathy0404 | 2017-10-28 18:31 | スキンケア | Comments(0)

至福のひとときスキンケアライフです(散財日記かな?)


by heathy
プロフィールを見る
画像一覧